03-6410-4418
営業時間
9:30~18:00
休業日
土曜日・日曜日・祝日

二重 国籍 相続/税理士法人 原・久川会計事務所(平塚橋事務所)

税理士法人 原・久川会計事務所(平塚橋事務所) > 国際税務に関するキーワード > 二重 国籍 相続

二重 国籍 相続

  • 資産税(相続税・贈与税及び譲渡所得)

    しかし、海外との二重課税となることもあるので、海外で支払った課税分は考慮されることがあります。また、海外の資産の相続や譲渡等に関しても、日本国内での手続きではすべて終わらないこともあります。例として米国や英国、シンガポール等では現地の裁判所が関与する手続きが必要になることがあります。海外に資産をお持ちの方は、日本...

  • 国際税務の重要性

    国際税務は、グローバル化を阻止しないために「二重課税」の防止や海外からの労働者をスムーズに受け入れるために非常に重要な役割を担っております。また、日本企業が海外進出をするための経営の一つの指標となることも重要な点でしょう。国際税務は相手の国がどこかによっても細かに変化していきます。まずは国際税務が得意分野である当...

  • 租税条約とは

    租税条約とは、日本と世界の国々で結ぶ「税」に関する条約のことで、目的は二重課税の防止です。日本では、アメリカやイギリスをはじめとして50か国以上の数多くの国と二国間租税条約を締結しています。通例であれば、例えば日本企業が海外でモノを売って稼いだお金に関しては、日本企業が稼いだお金ですので日本で課税されることはもち...

  • 生前からの相続対策

    相続においては、被相続人が亡くなる前の生前最期の意思を残しておかなければ相続人達は財産の帰属に関して不利益を被ることもあれば、家族同士で争うことも考えられます。そのためにも相続の生前対策が重要になります。では具体的にどのような対策をとれるのでしょうか。対策は大きく分けて、以下の3つです。 ①節税対策例えば、現金で...

  • 相続財産の調査

    相続人が亡くなってまずやるべきことは、相続財産の調査です。被相続人がどのような財産をもっていて、どのような借金をかかえているか、連帯保証人になっていないかなどを急いで調査する必要があります。なぜなら相続の放棄は自己のために相続の開始があったことを知った時から3ヶ月以内に行わなければならず(家庭裁判所への請求によ...

  • 相続人調査

    亡くなった人(以下被相続人)に相続人がいるかいないか、誰が相続人となるかは被相続人の生前残した財産の帰属を考えるうえでとても大切なことになります。本人の口から身寄りがないというような内容の話を聞いていても、遠隔に居住するなどで疎遠になっている親戚が法定相続人として財産を相続できることもあるので、相続にあたって相続...

  • 遺言の書き方

    遺産分割は各相続人の利害が真っ向から衝突する場合も少なくなく、また被相続人の生前最後の意思としてその財産の帰属についての権利関係は被相続人の思いが尊重されなければなりません。そのために遺言書を残すことが必要となる場合があり、これは15歳に達することで法的に可能になります。遺言で残せる意思表示は①相続②身分③財産に...

  • 遺産分割協議書作成

    相続税の申告のためには前提として、それ以前に各相続人の間で遺産の分割が確定していることが必要になります。その確定した遺産分割も口約束だけでは事後的に相続人同士での争いが起こらないともいえないため、これを書面に残しておく必要があります。この書面のことを遺産分割協議書といいます。遺産分割協議書は書式にルールがなく、ワ...

  • 相続税申告と期限

    人が亡くなり相続が始まると、その相続人が取得した財産のうち金銭換算できる全ての財産は相続税という課税対象になります。しかし、富の再分配による社会還元を目的とするのが相続税の制度趣旨であるため、一定の額を超えた分の相続財産にのみ税が課されることになっています。この一定の額のことを基礎控除額といい、その額は「3000...

  • 外国人労働者の所得税

    在留カードには、在留の目的が就労なのか、留学なのかなどが記載されている他、国籍、在留期間が記載されています。就労が許可されている在留資格を有する人だけが雇用できます。就労が在留資格で許可されていない人を雇用することは違法になります。十分気をつけましょう。 〇国籍在留カードの国籍は所得税の問題で一番重要になってきま...

  • 相続税申告に必要な書類

    相続税の申告の際には、多くの書類が必要になります。必要な書類は主に次のようなものです。 ・被相続人の戸籍謄本・被相続人の住民票除票・被相続人の戸籍附表・相続人全員の戸籍謄本・相続人全員の住民票・相続人の戸籍附表・相続人全員の印鑑証明書などが必要になってきます。 また、この他にも、土地の相続を行う場合には、地積測量...

  • 品川区で税理士をお探しの方は経験・実績豊富な当事務所へ!

    しかしながら、所得税や相続税をはじめ税金の申告は非常に複雑である場合が多いです。例えば個人事業主であった場合、自身で前年の1月1日から12月31日までの所得金額などを計算し、確定申告をおこなわなければなりません。また、通常会社員であれば、会社が年末調整をしてくれるので確定申告をしなくてすみますが、給与所得が200...

  • 外国人労働者の住民税

    外国人の労働者が増えた背景には日本の少子高齢化による労働力不足や国籍を問わない優秀な人材の確保があげられます。今や人口の2パーセントが外国人とおりますが、支払う税金についてはどうなっているのでしょうか。外国人労働者でも日本で働いている以上所得税や住民税を支払う義務が発生します。所得税と住民税でそれぞれ確認していき...

  • 五反田・目黒の相続相談は当事務所にお任せください

    相続をする際には、相続する財産の額に応じて「相続税」が課税されます。しかし、相続に関しては「生前対策」を十分に行うことによって納付することとなる相続税の額を抑えることができます。また、相続税は特例などの控除を利用することによって相続税の税額を少なくすることにつながり、その結果相続税の節税につながります。 相続税の...

  • 外国人雇用でもらえる助成金とは

    税理士法人原・久川会計事務所では、五反田をはじめ、品川区、港区、目黒区、世田谷区を中心に東京都、神奈川県域の記帳代行や相続や国際税務に関するご相談を承っています。元国税局調査部出身の税理士がその経験を生かして培った確かな知識によって、丁寧にご相談に対応させていただきます。 税理士法人原・久川会計事務所では、豊富な...

  • 税務調査が行われる時期とは

     税理士法人原・久川会計事務所では、五反田をはじめ、品川区、港区、目黒区、世田谷区を中心に東京都、神奈川県域の記帳代行や相続や国際税務に関するご相談を承っています。元東京国税局出身の税理士がその経験を生かして培った確かな知識によって、丁寧にご相談に対応させていただきます。

税理士法人 原・久川会計事務所が提供する基礎知識

  • 記帳代行

    記帳代行とは、日頃行っている仕訳などの業務を税理士に依頼して代行してもらうことを言います。仕入れが多い業種の方は毎日の記...

  • 相続税申告と期限

    人が亡くなり相続が始まると、その相続人が取得した財産のうち金銭換算できる全ての財産は相続税という課税対象になります。しか...

  • 遺言の書き方

    遺産分割は各相続人の利害が真っ向から衝突する場合も少なくなく、また被相続人の生前最後の意思としてその財産の帰属についての...

  • 国際税務とは

    国際税務は日本の税法で規定されているものではありませんが、簡単に表現するとすれば「2か国以上が関わること」に関係する税務...

  • 税務調査の立会い

    税務調査では、法人の帳簿等をチェックし納めるべき税金を納めているかということを確認します。税務調査は事前通知が原則となっ...

  • 税務顧問(法人向け)

    税務顧問とは法人の経営状況や経営計画を分析し、お客様の税務・会計に関する管理や節税などの税務に関するお悩みへのアドバイス...

  • 節税対策

    節税とは、非課税になる制度や税制の特例などを用いることで税金の額を減らすことを言います。所得税や法人税などでは節税方法を...

  • 記帳代行を税理士に依頼す...

    記帳はご自身でも行うことが出来ますが、税理士に依頼するメリットは何があるのでしょうか。記帳代行を税理士に依頼するメリット...

  • 自計化とは

    「自計化」とは、企業が自身で会計ソフトに会計に関する必要なデータを入力することを言います。税理士などに会計業務を依頼する...

  • 決算書・法人税申告書の作...

    法人では、事業年度ごとに決算を行います。その決算書での法人の利益をもとに法人税を計算し申告・納税を行います。決算書は法人...

  • 税務顧問(個人事業主向け...

    税理士は法人だけでなく個人事業主の皆様も業務を依頼されます。個人事業主は法人ほど仕訳も少なく、決算の額も多くはないことが...

  • 遺産分割協議書作成

    相続税の申告のためには前提として、それ以前に各相続人の間で遺産の分割が確定していることが必要になります。その確定した遺産...

  • 相続人調査

    亡くなった人(以下被相続人)に相続人がいるかいないか、誰が相続人となるかは被相続人の生前残した財産の帰属を考えるうえでと...

  • 生前からの相続対策

    相続においては、被相続人が亡くなる前の生前最期の意思を残しておかなければ相続人達は財産の帰属に関して不利益を被ることもあ...

  • 事業承継でお悩みの方

    事業承継とは会社を後継者へと継いでいくことです。事業承継は大変時間がかかることが多く、中小企業庁も事業承継には3〜5年の...

  • 国際税務とは

    国際税務は日本の税法で規定されているものではありませんが、簡単に表現するとすれば「2か国以上が関わること」に関係する税務...

  • 資産税(相続税・贈与税及...

    海外に資産をお持ちの方は、海外での課税だけでなく日本国内で課税されることもあります。海外で課税されるから日本では完全非課...

  • 外国居住者が株主の場合

    外国に住まわれている方が日本国内の株を所有している場合でもその配当等は日本の税制によって課税されることになります。海外に...

  • 外国人労働者の税金

    日本で働いている外国人労働者の税金は日本人と異なる税率で徴収されています。この区別は日本人か外国人かというわけではなく、...

  • 租税条約とは

    租税条約とは、日本と世界の国々で結ぶ「税」に関する条約のことで、目的は二重課税の防止です。日本では、アメリカやイギリスを...

  • 国際税務の重要性

    国際税務はグローバル化が進んできている現代、とても重要なものとなっています。その要素として以下のようなことが考えられます...

  • 海外取引のある企業の税務...

    海外取引のある企業は注意が必要です。その取引が日本とどこの国で行われたのか。また、どのような取引を行ったかということによ...

  • 税務調査の立会い

    税務調査では、法人の帳簿等をチェックし納めるべき税金を納めているかということを確認します。税務調査は事前通知が原則となっ...

  • 給与計算

    法人は従業員の給与を毎月計算し、従業員に支払わなければなりません。その上、給与を計算するにあたっての壁となるのは「源泉徴...

  • 年末調整

    「年末調整」とは、従業員から毎月源泉徴収して納めた所得税と実際に納付するべき所得税の過不足分を求め、その差額を徴収または...

  • 各種書類作成業務

    法人を経営するにあたって、事業年度ごとに法人税の申告や消費税の申告納税、また毎月の源泉所得税の納付など税務に関する手続き...

  • 法人成り

    個人事業を営んでいらっしゃる方が法人成りすることによって、所得税の節約や社会的な信頼を得ることが出来ます。そのため、個人...

  • 源泉納付書の作成

    法人が従業員の給与を支払うにあたって、所得税や住民税、社会保険料などをあらかじめ天引きして給与を支払います。これを源泉徴...

  • 経営のご相談も原・久川会...

    税理士は税金に関する相談しか受け付けてくれない、というわけではありません。税理士はビジネスパートナーとして、経営に関する...

よく検索されるキーワード

代表税理士

経験・実績豊富!
元国税局専門官が依頼者の味方になります。

久川税理士の写真
久川秀則税理士事務所
税理士
久川 秀則
所属団体・資格等
  • 平成19年退官、税理士登録
  • 税理士法人 原・久川会計事務所(平塚橋事務所)代表社員 税理士
  • 東京税理士会 荏原支部 所属
  • 東京税理士会 研修講師(非居住者等の税務など)
  • 税理士桜友会 相談部 専門委員
  • 経営支援アドバイザー(弥生会計)
  • 相続手続相談士
  • 終活カウンセラー
略歴
  • 青山学院大学 文学部 英米文学科 卒業
  • 麹町税務署・麻布税務署にて国際税務専門官として国際課税、外資系企業、銀行・証券業の税務調査に従事
  • 東京国税局 課税第二部 法人課税課 源泉所得税審理係長として、大企業の質疑対応、複雑困難な税務調査事例の審理事務に従事
  • 国税庁 調査査察部 国際租税戦略実態解明プロジェクト

    東京国税局 調査第一部 外国法人調査部門の国際税務専門官として、外国企業に対する税務調査を担当~外資系企業や外資系銀行・証券会社などの税務調査、非居住者・租税条約の審理事務に長く携わってきました。

著書
  • Q&A報酬・料金の源泉所得税―事例解説から税務調査まで(大蔵財務協会) 非居住者等のための租税条約ガイドブック―源泉国際課税の重要解説及び主要条文(大蔵財務協会)
  • Q&Aメディア、エンターテイメントビジネスの税務―わかりやすい報酬・料金、非居住者等所得の源泉所得税(大蔵財務協会)

事務所概要

企業の成長を通じて社会的な地位を得て、収入が増え、
やがて自己実現にいたるまでのお手伝いをいたします。

中小企業・個人の皆さまへ

税務・会計

集客支援マーケティング

補助金・助成金サポート、資金調達サポート

給与・年末調整・源泉所得税

国際取引を手掛けるクライアントの皆さまへ

海外投資・海外居住

非居住者・源泉所得税関係

租税条約・外国法人課税関係

久川税理士の写真
事務所名 税理士法人 原・久川会計事務所(平塚橋事務所)
代表者 久川 秀則(ひさかわ ひでのり)
所在地 〒142-0051 東京都品川区平塚3-4-17 1F
電話番号/FAX番号 TEL:03-6410-4418 FAX:03-6410-4420
営業時間 平日 9:30~18:00
休業日 土曜日・日曜日・祝日

ページトップへ