03-6410-4418
営業時間
9:30~18:00
休業日
土曜日・日曜日・祝日

海外財産 課税/税理士法人 原・久川会計事務所(平塚橋事務所)

税理士法人 原・久川会計事務所(平塚橋事務所) > 国際税務に関するキーワード > 海外財産 課税

海外財産 課税

  • 節税対策

    節税とは、非課税になる制度や税制の特例などを用いることで税金の額を減らすことを言います。所得税や法人税などでは節税方法を効果的に利用することによって、毎年の負担を軽くすることが出来ます。節税対策を行うことで、税金を減らして使える資金を増やすことが出来ますが、節税対策を行いすぎることによってのリスクもございます。

  • 国際税務の重要性

    国際税務は、グローバル化を阻止しないために「二重課税」の防止や海外からの労働者をスムーズに受け入れるために非常に重要な役割を担っております。また、日本企業が海外進出をするための経営の一つの指標となることも重要な点でしょう。国際税務は相手の国がどこかによっても細かに変化していきます。まずは国際税務が得意分野である当...

  • 租税条約とは

    租税条約とは、日本と世界の国々で結ぶ「税」に関する条約のことで、目的は二重課税の防止です。日本では、アメリカやイギリスをはじめとして50か国以上の数多くの国と二国間租税条約を締結しています。通例であれば、例えば日本企業が海外でモノを売って稼いだお金に関しては、日本企業が稼いだお金ですので日本で課税されることはもち...

  • 外国人労働者の税金

    居住者は日本に在住している日本人と同様の扱いとなるため、給与から源泉徴収を行って課税関係は終了します。しかし、非居住者に関しては、国内源泉所得として「一律20.42%」の税率で源泉徴収を行うことで課税関係が終了することになっています。非居住者は一律の税率であることが特徴です。外国人労働者でも居住者である場合は、年...

  • 外国居住者が株主の場合

    外国に住まわれている方が日本国内の株を所有している場合でもその配当等は日本の税制によって課税されることになります。海外に住んでいるからと言って日本の税金を払わなくていいというわけではありません。しかし、すべて日本の税制の通りに課税されるわけではなく、シンガポールの場合では、日星租税条約上に届出をすることで税率を軽...

  • 資産税(相続税・贈与税及び譲渡所得)

    海外に資産をお持ちの方は、海外での課税だけでなく日本国内で課税されることもあります。海外で課税されるから日本では完全非課税というわけではないのです。日本の税制では、日本国内外に持つ全世界の所得について所得税が課されることになっています。しかし、海外との二重課税となることもあるので、海外で支払った課税分は考慮される...

  • 生前からの相続対策

    例えば、現金で所有している財産を土地に換えたり、賃貸用の建物に換えることで、課税される相続財産の金額を下げることができます。これは、土地や建物の価値を図るときに、「評価」を行い、その評価額を課税対象の相続財産額として見積もるためです。一般的に、土地や建物の評価額は現金で購入する金額よりも低く見積もられるため、課税...

  • 相続税申告と期限

    人が亡くなり相続が始まると、その相続人が取得した財産のうち金銭換算できる全ての財産は相続税という課税対象になります。しかし、富の再分配による社会還元を目的とするのが相続税の制度趣旨であるため、一定の額を超えた分の相続財産にのみ税が課されることになっています。この一定の額のことを基礎控除額といい、その額は「3000...

  • 外国人労働者の所得税

    1年以上の場合には、日本人と同様に源泉徴収を行うことで課税関係は終了します。 税理士法人 原・久川会計事務所(平塚橋事務所)では五反田をはじめ、品川区、大田区、港区、目黒区、渋谷区、世田谷区を中心に、東京都、神奈川県のエリアで「記帳代行」、「国際税務」、「節税対策」などの税務相談を受け付けております。「国際税務」...

  • 外国人労働者の住民税

    永住者に関しては日本国内・海外で生じたすべての所得が課税対象になります。非永住者は日本国内で生じた所得及び海外で生じた所得のうち国内で支払いがおこなわれたもの、また国内に送金がされたものに関しては課税対象になります。 非居住者の場合は原則的に課税対象となる所得は税率20.42パーセント等による源泉課税が課せられま...

  • 専門家による非居住者の源泉徴収の解説

    非居住者・外国法人は国内源泉所得がある場合、更に2つに区分され、課税方法が決まります。 区分とは非居住者は恒久的施設を所有しているかどうか、また国内源泉所得が恒久的施設に帰属して発生したものか、で判断されます。恒久的施設とはおもに事業所や工場、支店などのことをさします。恒久的施設の国内源泉所得が発生するときには源...

  • 五反田・目黒の相続相談は当事務所にお任せください

    相続をする際には、相続する財産の額に応じて「相続税」が課税されます。しかし、相続に関しては「生前対策」を十分に行うことによって納付することとなる相続税の額を抑えることができます。また、相続税は特例などの控除を利用することによって相続税の税額を少なくすることにつながり、その結果相続税の節税につながります。 相続税の...

税理士法人 原・久川会計事務所が提供する基礎知識

  • 記帳代行

    記帳代行とは、日頃行っている仕訳などの業務を税理士に依頼して代行してもらうことを言います。仕入れが多い業種の方は毎日の記...

  • 税務顧問(法人向け)

    税務顧問とは法人の経営状況や経営計画を分析し、お客様の税務・会計に関する管理や節税などの税務に関するお悩みへのアドバイス...

  • 記帳代行を税理士に依頼す...

    記帳はご自身でも行うことが出来ますが、税理士に依頼するメリットは何があるのでしょうか。記帳代行を税理士に依頼するメリット...

  • 自計化とは

    「自計化」とは、企業が自身で会計ソフトに会計に関する必要なデータを入力することを言います。税理士などに会計業務を依頼する...

  • 決算書・法人税申告書の作...

    法人では、事業年度ごとに決算を行います。その決算書での法人の利益をもとに法人税を計算し申告・納税を行います。決算書は法人...

  • 税務顧問(個人事業主向け...

    税理士は法人だけでなく個人事業主の皆様も業務を依頼されます。個人事業主は法人ほど仕訳も少なく、決算の額も多くはないことが...

よく検索されるキーワード

代表税理士

経験・実績豊富!
元国税局専門官が依頼者の味方になります。

久川税理士の写真
久川秀則税理士事務所
税理士
久川 秀則
所属団体・資格等
  • 平成19年退官、税理士登録
  • 税理士法人 原・久川会計事務所(平塚橋事務所)代表社員 税理士
  • 東京税理士会 荏原支部 所属
  • 東京税理士会 研修講師(非居住者等の税務など)
  • 税理士桜友会 相談部 専門委員
  • 経営支援アドバイザー(弥生会計)
略歴
  • 青山学院大学 文学部 英米文学科 卒業
  • 麹町税務署・麻布税務署にて国際税務専門官として国際課税、外資系企業、銀行・証券業の税務調査に従事
  • 東京国税局 課税第二部 法人課税課 源泉所得税審理係長として、大企業の質疑対応、複雑困難な税務調査事例の審理事務に従事
  • 国税庁 調査査察部 国際租税戦略実態解明プロジェクト

    東京国税局 調査第一部 外国法人調査部門の国際税務専門官として、外国企業に対する税務調査を担当~外資系企業や外資系銀行・証券会社などの税務調査、非居住者・租税条約の審理事務に長く携わってきました。

著書
  • Q&A報酬・料金の源泉所得税―事例解説から税務調査まで(大蔵財務協会) 非居住者等のための租税条約ガイドブック―源泉国際課税の重要解説及び主要条文(大蔵財務協会)
  • Q&Aメディア、エンターテイメントビジネスの税務―わかりやすい報酬・料金、非居住者等所得の源泉所得税(大蔵財務協会)

事務所概要

企業の成長を通じて社会的な地位を得て、収入が増え、
やがて自己実現にいたるまでのお手伝いをいたします。

中小企業・個人の皆さまへ

税務・会計

集客支援マーケティング

補助金・助成金サポート、資金調達サポート

給与・年末調整・源泉所得税

国際取引を手掛けるクライアントの皆さまへ

海外投資・海外居住

非居住者・源泉所得税関係

租税条約・外国法人課税関係

久川税理士の写真
事務所名 税理士法人 原・久川会計事務所(平塚橋事務所)
代表者 久川 秀則(ひさかわ ひでのり)
所在地 〒142-0051 東京都品川区平塚3-4-17 1F
電話番号/FAX番号 TEL:03-6410-4418 FAX:03-6410-4420
営業時間 平日 9:30~18:00
休業日 土曜日・日曜日・祝日

ページトップへ