03-6410-4418
営業時間
9:30~18:00
休業日
土曜日・日曜日・祝日

給与 所得税 計算/税理士法人 原・久川会計事務所(平塚橋事務所)

税理士法人 原・久川会計事務所(平塚橋事務所) > 税務相談に関するキーワード > 給与 所得税 計算

給与 所得税 計算

  • 品川区で税理士をお探しの方は経験・実績豊富な当事務所へ!

    しかしながら、所得税や相続税をはじめ税金の申告は非常に複雑である場合が多いです。例えば個人事業主であった場合、自身で前年の1月1日から12月31日までの所得金額などを計算し、確定申告をおこなわなければなりません。また、通常会社員であれば、会社が年末調整をしてくれるので確定申告をしなくてすみますが、給与所得が200...

  • 源泉納付書の作成

    法人が従業員の給与を支払うにあたって、所得税や住民税、社会保険料などをあらかじめ天引きして給与を支払います。これを源泉徴収と言います。法人は源泉徴収を行うことが義務であり、怠るとペナルティが課されることがあります。源泉徴収を行った後は、会社で保管しているというわけではなく、税務署に納付を行います。その際に「源泉納...

  • 年末調整

    「年末調整」とは、従業員から毎月源泉徴収して納めた所得税と実際に納付するべき所得税の過不足分を求め、その差額を徴収または還付する手順のことです。特に給与所得者は、給与以外に所得がないか、少額であることがほとんどであり、この場合勤務先での年末調整により確定申告を行う必要がなくなるため、「年末調整」は非常に重要な手続...

  • 給与計算

    法人は従業員の給与を毎月計算し、従業員に支払わなければなりません。その上、給与計算するにあたっての壁となるのは「源泉徴収」です。源泉徴収は法人である場合は必ず行わなければならず、また源泉徴収をする額はその社員がどのぐらいの給与を支給されているか、また扶養家族がいるかいないかによって変わってきます。そのため、源泉...

  • 経理代行

    給与等の計算業務 経理代行を税理士に依頼することによって、「経理業務の効率化」、「会社の数字の明確化」、「経費等の明確化」を行うことが出来ます。第三者である税理士が経理を代行することによって、税制的にも問題のない経理を行うことが出来、会社としての信頼が上がることにもつながります。経理代行の範囲は企業様によっても...

  • 法人成り

    個人事業を営んでいらっしゃる方が法人成りすることによって、所得税の節約や社会的な信頼を得ることが出来ます。そのため、個人事業から法人成りをする方が数多くいらっしゃいます。法人成りをすることによるメリットデメリットは以下の通りです。〇メリット・所得の分散・退職金が費用となる・生命保険料などが費用計上できる・法人税率...

  • 各種書類作成業務

    法人を経営するにあたって、事業年度ごとに法人税の申告や消費税の申告納税、また毎月の源泉所得税の納付など税務に関する手続きは数多く存在します。税金を納付するにあたって税務署に提出する書類を作成しなければなりませんが、その作業も法人にとっては非常に面倒なものです。税理士にその作業を依頼することによって、業務の効率化を...

  • 節税対策

    所得税や法人税などでは節税方法を効果的に利用することによって、毎年の負担を軽くすることが出来ます。節税対策を行うことで、税金を減らして使える資金を増やすことが出来ますが、節税対策を行いすぎることによってのリスクもございます。リスクとメリットを十分に把握した上で、節税対策を行うことをお勧めいたします。節税対策だから...

  • 外国人労働者の税金

    居住者は日本に在住している日本人と同様の扱いとなるため、給与から源泉徴収を行って課税関係は終了します。しかし、非居住者に関しては、国内源泉所得として「一律20.42%」の税率で源泉徴収を行うことで課税関係が終了することになっています。非居住者は一律の税率であることが特徴です。外国人労働者でも居住者である場合は、年...

  • 資産税(相続税・贈与税及び譲渡所得)

    日本の税制では、日本国内外に持つ全世界の所得について所得税が課されることになっています。しかし、海外との二重課税となることもあるので、海外で支払った課税分は考慮されることがあります。また、海外の資産の相続や譲渡等に関しても、日本国内での手続きではすべて終わらないこともあります。例として米国や英国、シンガポール等で...

  • 相続税申告と期限

    このように、相続税申告には、課税対象となる財産と非課税となる財産の区別、基礎控除額の計算、各種控除額の計算、各人の相続税の計算など、さまざまな作業が必要となり、どれも専門的な知識がなければ非常に難しい手続きです。相続税の申告書が完成したら、相続開始の日の翌日から10ヶ月までに税務署に申告書を提出します。申告に必要...

  • 決算書・法人税申告書の作成

    その決算書での法人の利益をもとに法人税を計算し申告・納税を行います。決算書は法人税の申告納税にも必要な書類になる上に、銀行などの金融機関から融資を受ける際にも審査の必要書類の一つとして提出を求められる場合があります。決算書の作成や法人税の申告書の作成は、経費のデータの入力から行いますが、税理士に決算書の業務等を依...

  • 外国人労働者の所得税

    外国人労働者を雇用する際には、所得税が日本人と異なる場合があるので注意が必要です。外国人を雇う際にはまず「在留カード」を確認しましょう。在留カードには、在留の目的が就労なのか、留学なのかなどが記載されている他、国籍、在留期間が記載されています。就労が許可されている在留資格を有する人だけが雇用できます。就労が在留資...

  • 非居住者の税金

    所得税法では、非居住者が日本で所得税を納税する義務を負う所得を、「国内源泉所得」として定めています。日本人の居住者が、海外に転居して非居住者になった場合には、日本国内から発生する「国内源泉所得」は、日本で所得税を納税する義務がありますが、それ以外は日本の所得税を納税する義務がない所得となります。 日本における居住...

  • 外国人労働者の住民税

    外国人労働者でも日本で働いている以上所得税や住民税を支払う義務が発生します。所得税と住民税でそれぞれ確認していきましょう。 【所得税の場合】外国人労働者の所得税は居住者か非居住者かで異なります。居住者とは国内に住所が持っている人、もしくは1年以上居所のある人をいいます。それ以外の人は非居住者となります。また、居住...

  • 専門家による非居住者の源泉徴収の解説

    しかしながら所得税の納税は必要になります。非居住者・外国法人は国内源泉所得がある場合、更に2つに区分され、課税方法が決まります。 区分とは非居住者は恒久的施設を所有しているかどうか、また国内源泉所得が恒久的施設に帰属して発生したものか、で判断されます。恒久的施設とはおもに事業所や工場、支店などのことをさします。

  • 税務調査が行われる時期とは

    この時期は所得税の確定申告期間とも重ならないため税務調査を行うマンパワーもありますので、新規の税務調査の着手が行われやすい傾向にあります。また、法人の決算は3月に行われるケースが多く、法人税の申告納税は5月に集中します。その後、税務調査の書類の審査が行われるため、総合的に7月から12月に税務調査が集中します。しか...

税理士法人 原・久川会計事務所が提供する基礎知識

  • 記帳代行

    記帳代行とは、日頃行っている仕訳などの業務を税理士に依頼して代行してもらうことを言います。仕入れが多い業種の方は毎日の記...

  • 税務顧問(法人向け)

    税務顧問とは法人の経営状況や経営計画を分析し、お客様の税務・会計に関する管理や節税などの税務に関するお悩みへのアドバイス...

  • 記帳代行を税理士に依頼す...

    記帳はご自身でも行うことが出来ますが、税理士に依頼するメリットは何があるのでしょうか。記帳代行を税理士に依頼するメリット...

  • 自計化とは

    「自計化」とは、企業が自身で会計ソフトに会計に関する必要なデータを入力することを言います。税理士などに会計業務を依頼する...

  • 決算書・法人税申告書の作...

    法人では、事業年度ごとに決算を行います。その決算書での法人の利益をもとに法人税を計算し申告・納税を行います。決算書は法人...

  • 税務顧問(個人事業主向け...

    税理士は法人だけでなく個人事業主の皆様も業務を依頼されます。個人事業主は法人ほど仕訳も少なく、決算の額も多くはないことが...

よく検索されるキーワード

代表税理士

経験・実績豊富!
元国税局専門官が依頼者の味方になります。

久川税理士の写真
久川秀則税理士事務所
税理士
久川 秀則
所属団体・資格等
  • 平成19年退官、税理士登録
  • 税理士法人 原・久川会計事務所(平塚橋事務所)代表社員 税理士
  • 東京税理士会 荏原支部 所属
  • 東京税理士会 研修講師(非居住者等の税務など)
  • 税理士桜友会 相談部 専門委員
  • 経営支援アドバイザー(弥生会計)
略歴
  • 青山学院大学 文学部 英米文学科 卒業
  • 麹町税務署・麻布税務署にて国際税務専門官として国際課税、外資系企業、銀行・証券業の税務調査に従事
  • 東京国税局 課税第二部 法人課税課 源泉所得税審理係長として、大企業の質疑対応、複雑困難な税務調査事例の審理事務に従事
  • 国税庁 調査査察部 国際租税戦略実態解明プロジェクト

    東京国税局 調査第一部 外国法人調査部門の国際税務専門官として、外国企業に対する税務調査を担当~外資系企業や外資系銀行・証券会社などの税務調査、非居住者・租税条約の審理事務に長く携わってきました。

著書
  • Q&A報酬・料金の源泉所得税―事例解説から税務調査まで(大蔵財務協会) 非居住者等のための租税条約ガイドブック―源泉国際課税の重要解説及び主要条文(大蔵財務協会)
  • Q&Aメディア、エンターテイメントビジネスの税務―わかりやすい報酬・料金、非居住者等所得の源泉所得税(大蔵財務協会)

事務所概要

企業の成長を通じて社会的な地位を得て、収入が増え、
やがて自己実現にいたるまでのお手伝いをいたします。

中小企業・個人の皆さまへ

税務・会計

集客支援マーケティング

補助金・助成金サポート、資金調達サポート

給与・年末調整・源泉所得税

国際取引を手掛けるクライアントの皆さまへ

海外投資・海外居住

非居住者・源泉所得税関係

租税条約・外国法人課税関係

久川税理士の写真
事務所名 税理士法人 原・久川会計事務所(平塚橋事務所)
代表者 久川 秀則(ひさかわ ひでのり)
所在地 〒142-0051 東京都品川区平塚3-4-17 1F
電話番号/FAX番号 TEL:03-6410-4418 FAX:03-6410-4420
営業時間 平日 9:30~18:00
休業日 土曜日・日曜日・祝日

ページトップへ